肉の生食による食中毒の発生について

2019年5月8日

富山県等において肉の生食(腸管出血性大腸菌等)による食中毒が発生しています。

牛肉やレバーなどの牛内臓を食べる場合は、次の点に十分注意してください。(食品安全委員会HPより抜粋)

 

1 牛肉やレバーなどの牛内臓を生で食べることはひかえること

 

2 腸管出血性大腸菌は75℃で1分間以上の加熱で死滅するので、牛肉や牛内臓を調理する際には、中心部までよく加熱すること

 

3 特に乳幼児やお年寄りでは、死亡したり重い症状になることがあるので、生や加熱不十分な牛肉やレバーなどの牛内臓を食べないよう、周りの方も含め注意すること

 

詳しくは、下記ホームページをご覧ください。

 

【参考サイト】

お問い合わせ

消費者くらし安全局安全衛生課
食品表示企画担当
電話:088-621-2110
ファクシミリ:088-621-2848