Q エコファーマーとは何ですか

2015年7月1日


  エコファーマーという言葉を耳にしましたが、エコファーマーとは何ですか。
  ・お店でエコファーマーのシールが貼ってある農産物を見かけました。

 

sudachi_A.jpg
   エコファーマーとは、平成11年度に制定された「持続性の高い農業生産方式の導入に関する法律」に基づくもので、堆肥などによる土づくりを基本に、化学農薬や化学肥料の使用量を低減する生産方式(「持続性の高い農業生産方式」と言います)を自分の農業経営に導入する計画を立て、県知事に申請し、これを認定された農業者の愛称です。

 

   農業には食料の供給機能のほか、国土や環境の保全といった多面的機能があり、農業の維持増進を図るためには環境と調和のとれた持続的な農業生産が必要です。このため徳島県では、89品目についてエコファーマーになるための導入指針を定め、肥料・農薬の使用量の目安や留意事項を決めています。現在(平成27年3月末現在)、県下で970名のエコファーマーが認定され、環境にやさしい農業生産活動に取り組んでいます。徳島県エコファーマーマークは、エコファーマーが実践している環境にやさしい農業生産活動が多くの人に認められるよう、また消費者の方々から共感が得られるように作られています。
詳細については最寄りの県農業支援センターへお問い合わせください。


エコファーマーの声
   JA板野郡土成支所ミニトマト部会(20名)は、平成14年に県内で初めて部会ぐるみでエコファーマーを取得しました。他の生産部会のエコファーマー取得の先駆けとなり、また、環境にやさしい農業の実践者を宣言したことで、個々の部会員の意識も高まり、栽培意欲も向上しました。

 

<参考>

徳島県:エコファーマーとは

http://www.pref.tokushima.jp/docs/2009040600018/

お問い合わせ

県民くらし安全局安全衛生課
電話:088-621-2110