地域連携・快適避難所運営モデル事業について

2019年4月1日

 近い将来の発生が危惧されている「南海トラフ巨大地震」等の自然災害への備えと

して、地域防災力の充実強化が求められています。

 災害時の避難所運営は、自主防災組織をはじめとした地域住民が主体となるので、

平時から各地域において、地域住民を主体とした避難所運営体制について決めておく

必要があります。

 本県では、市町村と地域の様々な主体が連携・協働して、実際の避難所において行

う避難所運営体制の構築に係る取組をモデル的に支援する「地域連携・快適避難所運

営モデル事業」補助金を平成29年度に創設しています。

 

 ◆概要

  補助対象:市町村

  予算額 :2,000千円

  補助額 :定額【下限:500千円、上限:1,000千円/1市町村】

       ※補助率:10/10

 

 ◆事業実施市町村及び取組内容

  ○平成30年度

     事業実施市町村:鳴門市、佐那河内村

    H30(鳴門市)取組内容.pdf(301KB)

    H30(佐那河内村)取組内容.pdf(281KB)

  

  ○平成29年度

     事業実施市町村:鳴門市

    H29(鳴門市)取組内容.pdf(216KB)

お問い合わせ

防災人材育成センター
啓発・人材育成担当
電話:088-683-2100
ファクシミリ:088-683-2002