【注意喚起】地震への備えについて、今一度チェックしましょう!

2018年9月6日

 各地で地震が発生しています。

 徳島県においても、「南海トラフ地震」の発生が懸念されており、

この地震は、100~150年程度の周期で繰り返し発生しています。

 直近の発生から70年以上が経過しており、明日にも起こるかもしれません。

 また、「中央構造線活断層帯地震」の発生も懸念されており、県内のどの地域

にお住まいの方にも、被害が及ぶことが想定されます。

 自分や家族の命を守るため、地震への備えについて改めて考え、今のうちに、

出来ることから始めましょう。

 

1.家の中の「家具類の転倒防止対策」は出来ていますか?

  地震の揺れによる家具類の転倒・落下・移動等により、ケガをしないよう

 しっかりと固定しましょう。

2.わが家の「耐震性」をチェック!

  住宅の倒壊から自分や家族を守るため、住宅の耐震化をしましょう。

  まずは、住宅の耐震性を調べましょう。

  ※ 現在、住宅の耐震診断は、無料(または非常に安価)でできます。

3.わが家の「周囲」の危険な所をチェック!

  屋根瓦にヒビやズレはありませんか? もしあれば、しっかりと補強しましょう。

  ブロック塀は、土中にしっかりとした基礎がなかったり、鉄筋が入っていないと

 転倒して大変危険です。特に、道路に面したブロック塀は、通行者にとって凶器と

 なるとともに、救助活動や避難の妨げにもなるので、直ちに補強しましょう。

  窓ガラスに飛散防止フィルムを貼って強化すると、より安全になります。

 

**********************************************************************************************

「家具類の転倒防止対策」パンフレット →家具転倒防止対策.pdf(1MB)

「住宅耐震化」に関する情報 → 徳島県住宅課HP

「ブロック塀」の点検方法 →徳島県住宅課HP

 地震発生!その時どうしますか? →総務省消防庁HP

お問い合わせ

防災人材育成センター
啓発・人材育成担当
電話:088-683-2100
ファクシミリ:088-683-2002