食中毒事件の発生について

2018年5月15日

本日、次のとおり食中毒事件が発生しておりますのでお知らせします。


 
1 喫食者数および有症者数  1名

 

2 主 症 状      腹痛

                                
3 原因施設   名    称  株式会社ハローズ鳴門店(魚介類販売業)  
         営業所住所地  鳴門市大津町吉永434番地1
         営業者氏名   株式会社ハローズ 代表取締役社長 佐藤利行  

                   
4 原因食品  当該施設が5月12日(土)に加工・販売した本かつおの刺身

 

5 原因物質  アニサキス

 

6 その他                     
  ・アニサキス食中毒は、食べてから数時間~十数時間後に激しい腹痛や嘔吐等を生じます。

  ・アニサキスの幼虫は長さ2~3cmの白色で、目視で確認することができます。

  ・アニサキスの幼虫は、カツオ、サバ、イワシ、アジ、サンマなどの多くの魚介類に寄生しています。

  ・アニサキス食中毒の予防方法は次のとおりです。

   1 60度で1分間以上加熱調理する。

   2 ー20度以下で24時間以上冷凍する。

   3 新鮮なうちに内臓を取り除く。(時間がたつとアニサキスが筋肉部分に移動する。)

  

お問い合わせ

消費者くらし安全局安全衛生課
広域監視・食品乳肉担当
電話:088-621-2229
ファクシミリ:088-621-2848