貝毒原因プランクトンの増加に伴う相談窓口の設置について

2018年4月5日

 現在、県内各地で、高密度の貝毒原因プランクトンが確認され、出荷自主規制の指導を行っているところです。

 また、県南部沿岸では、当プランクトンによる赤潮が発生しており、漁業被害等を及ぼすおそれがあります。

 このため、県では、漁業関係者や消費者等を対象にした「相談窓口」を設置しました。

 詳しくは,こちらをご覧ください。

【参考サイト】

 貝毒原因プランクトンの増加に伴う相談窓口の設置について

https://www.pref.tokushima.lg.jp/ippannokata/sangyo/suisangyo/5014713/

 

お問い合わせ

消費者くらし安全局安全衛生課
広域監視・食品乳肉担当
電話:088-621-2229
ファクシミリ:088-621-2848