「徳島県食品表示の適正化等に関する条例」が改正されました

2017年12月22日

■条例の趣旨 

 食品表示の適正化に関し、県の実施する食品表示の適正化に関する基本的な施策等を定め、食の安全安心を計画的に推進し、県民の健康の保護並びに消費者に信頼される県産食品の生産及び供給の振興に資することを目的として、平成27年4月に施行されました。

 

■条例改正のポイント

  この度の改正では、徳島県産物表示食品について、その表示の根拠となる伝票や帳簿等の書類の備付け義務違反等に関する罰則を強化することにより、「産地偽装防止対策の実効性」を確保し、表示の適正化と県産食品の信頼確保を図ります。

 1 仕入関係資料等の備付け義務違反、保存義務違反
     「勧告・命令・公表」を「罰金(20万円以下)」とする。     
 2 仕入関係資料等への必要事項の記載義務違反
  新たに構成要件を設け、「罰金(20万円以下)」とする。
 3 県産物表示食品の仕入関係資料等への虚偽記載
  「過料(5万円以下)」を「罰金(20万円以下)」とする。

 

■施行期日

 平成30年4月1日

 

■条例本文・パンフレット

 条例の本文は、こちらをご覧ください。 

      徳島県食品表示の適正化等に関する条例.pdf(174KB)

 条例のパンフレットは、こちらをご覧ください。

        パンフレット.pdf(128KB)

      

■関係リンク先

○食品の原産地に関する情報提供基準について

   http://anshin.pref.tokushima.jp/docs/2015031500021/
 

○「徳島県食の安全安心推進条例」が改正されました

   http://anshin.pref.tokushima.jp/docs/2015031600028/

 

○景品表示法に基づく料理メニュー等の不当な表示に係る指導、勧告及び公表に関する指針の改正について

   http://anshin.pref.tokushima.jp/docs/2015031500014/

 

○特定食品製造事業者は届出が必要です。

   http://anshin.pref.tokushima.jp/docs/2015081100851/  

 

お問い合わせ

消費者くらし安全局安全衛生課
食の安全安心担当
電話:088-621-2110
ファクシミリ:088-621-2848