伊方発電所3号機非常用ディーゼル発電機3Bの手動停止について

2017年11月7日

11月6日(月)19時42分、四国電力株式会社から、伊方発電所の異常に係る情報提供がありました。

その概要は次のとおりです。

[異常の内容]

1 定期検査中の伊方発電所3号機で、非常用発電機3Bを起動したところ、11月6日14時29分に燃料弁冷却水ポンプが自動停止したため、同日14時31分に非常用発電機3Bを自動停止した。

2 非常用発電機3Aは定期検査中であり、非常用発電機3Bの運転停止で、保安規定に定める運転上の制限を満たさなくなった。

3 現在詳細は調査中

4 本事象によるプラントへの影響及び環境への放射能の影響はない。

 

11月6日(月)22時41分、四国電力株式会社から、復旧状況等について、次のとおり連絡がありました。

[その後の状況]

1 燃料弁冷却水ポンプの電源ケーブルの不具合から地絡が発生し、自動停止に至ったと推定。

2 当該ケーブルの不具合箇所を切除、再接続し、非常用発電機3Bを起動したところ、問題が解消。

3 保安規定に定める非常用電源2系統が確保され、20時40分に運転上の制限を満たした。 

4 今後、引き続き原因を調査する。

 

↓↓↓ 詳細は下記の四国電力ホームページをご覧下さい。 ↓↓↓

  ● 伊方発電所3号機 非常用ディーゼル発電機3Bの手動停止について(続報)

  ● 伊方発電所3号機 非常用ディーゼル発電機3Bの手動停止について

    
  
 

関連ワード

お問い合わせ

危機管理政策課
危機管理担当
電話:088-621-2280
ファクシミリ:088-621-2987