重症熱性血小板減少症候群(SFTS)に係る注意喚起について

2017年7月25日

~重症熱性血小板減少症候群(SFTS)に係る注意喚起について~

 

このことについて、厚生労働省から平成29年7月24日付で注意喚起がありました。

 

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)は、主にウイルスを保有しているマダニに咬まれることにより感染するダニ媒介感染症です。

 

【予防のために次のことを守ってください】

○ 草の茂ったマダニの生息する場所に入る場合には、長袖、長ズボンを着用し、サンダルのような肌を露出するようなものは履かないことなど、マダニに咬まれない予防措置を講じましょう。

○ 飼育犬、猫については、ノミ・ダニの駆虫薬を定期的に投与してください。

○ SFTSを含めた動物由来感染症の感染を防ぐために、ペットとの過剰なふれあいを控えてください。

○ ペットが体調不良の際には、動物病院を受診してください。

○ 飼い主さん自身が不調を感じたら、早めに病院を受診し、その際にペットの飼育状況や健康状態、接触状況を医師に伝えてください。

 

SFTSに関することはこちら

 ■ 徳島県健康増進課ホームページ

     http://www.pref.tokushima.jp/docs/2017072000188/

 ■ 徳島県動物愛護管理センターホームページ

     http://our.pref.tokushima.jp/aigo/

 ■ 厚生労働省ホームページ

     http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000169522.html

 ■ 国立感染症研究所ホームページ

     https://www.niid.go.jp/niid/ja/sfts/3143-sfts.html

関連ワード

お問い合わせ

消費者くらし安全局安全衛生課
広域監視・食品乳肉担当
電話:088-621-2229
ファクシミリ:088-621-2848