栄養表示相談窓口について

2019年7月1日

 平成27年4月に施行された「食品表示法」により、加工食品等への栄養成分表示が義務化され、食品関連事業者は新制度への対応が求められています。

 また、消費者は、栄養成分表示や健康食品の表示を正しく読み取り、賢く食品を選ぶことで、健康づくりに役立てることができます。

 徳島県では、県内の事業者及び消費者の皆様からの栄養表示に関するご相談やご質問にお答えする窓口を設置しています。

 

窓口イメージ図.jpg

栄養表示相談窓口.jpg

 

栄養成分表示作成の際には、こちらのチェックシートをご活用ください。

★栄養成分表示セルフチェックシート(徳島県).pdf(173KB)

 《参考資料》消費者庁作成「<事業者向け>食品表示基準に基づく栄養成分表示のためのガイドライン(第2版)

             「初めて栄養成分表示をする方へ食品表示基準における栄養成分表示

             「正しく理解していますか?小規模の事業者における栄養成分表示の省略

 

 ※上記チェックシート、参考資料の他、「食品表示基準」、「食品表示基準について」及び「食品表示基準Q&A」等の関係法令については、次のリンク先(消費者庁ウェブサイト)から最新のものをご確認ください。→https://www.caa.go.jp/policies/policy/food_labeling/health_promotion/(健康や栄養に関する表示の制度について)

 ※食品表示作成の際には、併せてこちらのページも参考にご活用ください http://anshin.pref.tokushima.jp/docs/2019050700011/(「適正表示相談窓口について」)

 

 

 

お問い合わせ

消費者くらし安全局安全衛生課
食品表示企画担当
電話:088-621-2110
ファクシミリ:088-621-2848