鳥取県中部を震源とする地震に関する徳島県の支援状況について(10/31)

2016年10月31日

本日の主な動き(10/31 16時00分現在)

(1)    庁内支援体制
  21日 14:07 危機管理部内において情報収集開始
        15:00 「鳥取地震に関する支援本部」設置
       15:30 第1回会議(本部長:危機管理部長)開催

(2)    人的支援
  ○リエゾン
  (第1陣)3名
    21日 14:34徳島県庁出発、15:20徳島空港離陸、16:23鳥取空港到着、鳥取県災
      害対策本部で連絡員として業務に従事(23日まで)
    23日 帰県
  (第2陣)2名
    23日 徳島県庁出発(朝)、鳥取県庁到着(午後)
    24~28日 鳥取県災害対策本部及び倉吉市にて連絡員として業務に従事
    29日 帰県
    (第3陣)1名
        26日 徳島駅出発(朝)、鳥取県庁到着(午後)、鳥取県災害対策本部で連絡員   として業務に従事
        27日~29日 鳥取県災害対策本部及び倉吉市にて連絡員として業務に従事
        29日 帰県
    (第4陣)3名
        28日 徳島県庁出発(午前)、鳥取県庁到着(午後)、鳥取県災害対策本部で連絡員として業務に従事
        29日~30日 鳥取県災害対策本部及び倉吉市にて連絡員として業務に従事
    31日 1名は鳥取県災害対策本部にて連絡員業務に従事、2名は帰県    


   ○消防防災航空隊 3名
    21日 15:51徳島空港離陸、16:52鳥取空港到着
        鳥取航空隊の指揮下で業務に従事(23日まで)
    23日 帰県

  ○危険度判定チーム(建物・宅地) 
  (第1陣)4名(被災建築物応急危険度判定士2名、被災宅地危険度判定士2名)
    22日 徳島県庁出発(午前)、県中部総合事務所到着(夕方)
       23日 湯梨浜町において危険度判定業務に従事
        24日 湯梨浜町久美・田畑地区で、建築物及び宅地危険度判定業務に従事 
        25日 湯梨浜町において建築物及び宅地危険度判定業務に従事
        26日  湯梨浜町、北栄町において建築物及び宅地危険度判定に従事
        27日 帰県
  (第2陣)11名(統括1名、被災建築物危険度判定士4名、被災宅地危険度判定士6名)
    23日 徳島県庁出発(午後) 中部総合事務所到着(夕方)
        24日 湯梨浜町久美・田畑地区で、建築物及び宅地危険度判定業務に従事 
        25~26日 湯梨浜町において建築物及び宅地危険度判定業務に従事
    27日 帰県
  (第3陣)10名(被災建築物応急危険度判定士4名、被災宅地危険度判定士6名)
    26日 徳島県庁出発(午前) 中部総合事務所到着(夕方)
    27日~29日 北栄町において危険度判定業務に従事
        30日 帰県

  ○住家被害認定調査チーム
  (第1陣)6名(県職員2名、徳島市職員2名、阿波市職員2名)
        23日 先遣隊1名(県)が徳島県庁を出発(午後)
    24日 先遣隊1名(県)湯梨浜町役場において調査業務打合せに従事
       後続5名 徳島県庁出発(朝)、鳥取県庁経由、北栄町・湯梨浜町到着(夕)    25~26日 北栄町・湯梨浜町で罹災証明書発行受付業務及び被害認定調査に従事
    27日 北栄町・湯梨浜町で罹災証明発行受付業務及び被害認定調査に従事後、帰県
  (第2陣)7名(県職員1名、鳴門市職員2名、藍住町職員2名、神山町職員1名、
          東みよし町職員1名)
    27日 徳島県庁出発(朝)、中部総合事務所へ到着(午後)、業務開始
    28日~30日 北栄町・湯梨浜町で罹災証明発行受付業務及び被害認定調査に従事

    31日 北栄町・湯梨浜町で罹災証明発行受付業務及び被害認定調査に従事、帰県

  (第3陣)7名(県職員1名、美馬市職員1名、三好市職員2名、海陽町職員1名、北島町職員1名、板野町職員1名)

    31日 8:30徳島県庁出発、北栄町・湯梨浜町役場へ到着(午後)
  
  ○保健師チーム
  (第1班)3名
        23日 徳島県庁出発(午後)、鳥取県庁到着(夜)
    24~26日 湯梨浜町はわい地区で、高齢者世帯等の巡回訪問を実施
    27日 帰県
    (第2班)3名
        26日 徳島県庁出発(朝)、湯梨浜町役場到着(午後)
        27日 湯梨浜町はわい地区で、高齢者世帯等の巡回訪問を実施
        28日 湯梨浜町はわい地区等で、高齢者世帯等の巡回訪問を実施
        29日 帰県

 

  ○避難所運営支援チーム

  (第1班)4名

   31日 8:30徳島県庁出発、13:00中部総合事務所へ到着


(3)    物的支援
   22日 県立防災センター出発(午後)、倉吉市役所到着(夜)
    ※支援物資:ブルーシート約600枚、土のう袋約5,000袋など
    ※運搬するトラックは、県トラック協会が手配
   25日 ブルーシート固定用PPロープ965巻を中部総合事務所へ配送(夜)
   26日 到着(朝)
   29日 倉吉市内の学校給食用に食材を配送(午後)
    ※支援食材:県産ニンジンジュース 1,500本、阿波尾鶏入りレトルトカレー 680食
   30日 17:00倉吉市学校給食センターに到着


    ○「新鮮なっ!とくしま号」
      29日 県庁出発(未明)、「倉吉未来中心」到着(朝)、12時及び15時に炊き出し支援
      30日 倉吉市「倉吉未来中心」12時及び15時に炊き出し支援



(4)    市町村による支援
  ○給水支援
      22日 徳島市水道局から給水車1台(職員2名)出発(午後)、
          湯梨浜町役場到着(夕方)、近隣の避難所に応急給水
    23日  倉吉市において応急給水
    24日 帰県 

  ○吉野川市から倉吉市に物資支援
        土のう、アルファ化米ほか(職員3名同行)
        23日 出発(早朝)、中部総合事務所到着(朝)、現地出発(夕方)、帰県(夜)
        
  ○吉野川市から倉吉市に職員派遣(住家被害認定調査員4名、災害対策本部支援員1名)
        25日 吉野川市役所出発(朝)、倉吉市役所到着(午前)、業務開始(午後)
        26日 倉吉市内で住家被害認定調査、倉吉市災害対策本部で災害対策本部支援
    27日 前日と同業務に従事、現地出発(夕方)、帰県(夜)  

(5) 社会福祉協議会による支援
  ○災害ボランティアセンター運営支援
  (第1陣)4名(県2名、市町村2名)
     26日 徳島出発
     27日~30日 倉吉市ボランティアセンターにてマッチング調整等の業務に従事

    31日 倉吉市ボランティアセンターにてマッチング調整等の業務に従事、帰県

  (第2陣)4名(県社協1名、阿南市社協、那賀町社協、東みよし町社協各1名)

    31日 10:00徳島出発

(6) 災害見舞金の贈呈
   29日 米子市(華水亭)において徳島県知事から鳥取県知事に災害見舞金30万円を
        贈呈

 

2810311600マスコミ資料提供.pdf(63.2KBytes)
   

       

 

 


関連ワード