徳島県の小児救急医療体制について

2017年1月13日

 

少子化が進みつつある現在,安心して子供を産み育てる環境を整備するため,県民の皆様からのご要望の強い小児救急について,これまでの体制を「小児救急医療体制整備事業」として整備しています。

徳島県下を3つの地域(東部・南部・西部)に分け,それぞれに救急体制を整備しています。


■東部

徳島県立中央病院を「小児救急医療拠点病院」に指定し,徳島市夜間休日急病診療所と連携して,24時間365日対応する体制となっています。

 

■南部

徳島赤十字病院を「小児救急医療拠点病院」に指定し,24時間365日,対応する体制となっています。

 

■西部

県立三好病院とつるぎ町立半田病院の2病院が,交互に当番制をとり,対応する体制となっています。


【添付資料】

 

 

とくしまの小児医療体制.pdf(63.2KBytes)

お問い合わせ

医療政策課
医事企画担当
電話:088-621-2212
ファクシミリ:088-621-2898