「昭和南海地震70年の集い」の開催について

2016年11月14日

 

 

 

ロゴ(メモリアルイヤー).jpg 


「昭和南海地震70年の集い」を開催します。

 

 今年は「昭和南海地震」から70年、県内各地に土砂災害をもたらした「昭和51年台風17号」から40年、

「東日本大震災」から5年を迎える大きな節目の年となることから、県では、「防災メモリアルイヤー」と位置づけ、

県民の防災意識の向上や防災力の強化に取り組んでいるところです。

 

 このたび、改めて防災・減災の大切さを考えていただくため、昭和南海地震の発災から70年目となる12月21日に

「昭和南海地震70年の集い」を次のとおり開催いたします。

 

 家族そろって、1日中楽しく学ぶことのできるイベントですので、ぜひご参加ください。

  (当日は手話通訳・要約筆記・ヒアリングループの用意があります。)

                        

 

1 日時  平成28年12月21日(水) 10時~17時

       (開場9時30分)

 

2 会場   アスティとくしま 多目的ホールほか(徳島市山城町東浜傍示1)

 

3 内容  <10時~>

        ○ 災害時快適トイレシンポジウム  ○ 熊本地震支援報告会

        ○ 防災気象講演会           ○  防災映像展

 

       <12時~13時>

        ○ 炊き出し   

 

       <13時30分~16時30分>

        ○ 基調講演 アルピニスト 野口健 氏

        ○ 昭和南海地震70年式典

        ○ パネルディスカッション

        ○ 未来への宣言

 

      <終日>  

        各種防災展示・体験コーナー設置  

 

4 定員    1,000名

 

5 申し込み  事前申込みは不要です。直接会場にお越しください。(参加料無料)

             

6 問合せ先  徳島新聞社企画推進部 

           TEL 088-655-7407(平日10時~17時)  

                      徳島県危機管理部危機管理政策課

           TEL 088-621-2713

 

7 イベントチラシ

   昭和南海地震70年チラシ.pdf(411KBytes)