Q 添加物は何の為に使用されるのですか

2015年7月1日

HP_Q.jpg
  添加物は何の為に使用されるのですか。添加物が表示されていてもそれを添加する事によって何の効果があるのか分からない。
   ・添加物はさまざまな目的で使用されますが、消費者のためなのか、製造者のためなのか、流通業者のためなのか。
   ・添加物が表示されていても、それを添加することによって何の効果があるのか分からない。

 
sudachi_A.jpg 
  添加物は、食品を作ったり、保存したりするために一定の目的をもって意図的に使われるもので、その目的から考えると消費者のためでもあり、製造者、流通業者のためでもあります。

 

  添加物は具体的には、次のような目的で使われています。
  (1) 食品を製造又は加工するときに必要なもの
    豆腐を固める「凝固剤」や、「小麦粉」から中華麺を作るときに加える「かんすい」、ビールなどのろ過の際に使用する「活性炭」など

 

  (2) 食品の風味や外観を良くするためのもの
    食品の色合いを良くする「着色料・発色剤・漂白剤」など、香りを付ける「香料」、味を良くする「甘味料・調味料」など、食感を良くする「乳化剤・増粘安定剤」など

 

  (3) 食品の保存性を良くし、食中毒を防止するもの
     「保存料」や「酸化防止剤」の他に、「殺菌料」、「防かび剤」など

 

  (4) 食品の栄養成分を強化するもの
     「栄養強化剤」としてビタミン、ミネラル、アミノ酸など

 

<参考>

一般財団法人 日本食品添加物協会

http://www.jafaa.or.jp/index.htm

お問い合わせ

県民くらし安全局安全衛生課
電話:088-621-2110