Q ダイエット食品って本当に食べるだけで効き目があるんですか

2015年7月1日

HP_Q.jpg
  ダイエット食品って本当に食べるだけで効き目があるんですか。
   ・毎日食べ続けるだけで本当に効果がでるのか疑問に思ったため。 


sudachi_A.jpg
  食べるだけで痩せる食品はありません。

   一般的に、エネルギーの低い食品や体内でエネルギーを消費するのを助ける働きがある成分を含む食品などが、「ダイエット食品」と呼ばれていると考えられますが、食べるだけではエネルギーを消費することはできません。エネルギーを消費するためには運動が必要です。
   次のリンク先に、効果を試した実験結果の一例があります。

 

 ※、国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所

    (独立行政法人国立健康・栄養研究所「健康食品」の安全性・有効性情報)
    ・体外排出によるダイエットをうたう食品の実際の効果について

http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail275.html

 

「県栄養士会のコメント」
   今、ダイエット食品として出回っているものには、低エネルギーの食品としては、でんぷん質の代わりに、こんにゃくや寒天を使ったものが多く見られます。
   こんにゃくや寒天はエネルギーが低いですから、これらを利用することにより体重減にはなるでしょうが、そのために必要なタンパク質やビタミン、ミネラルが不足し、病気を引き起こしかねません。
   利用に当たっては、自分に必要な栄養量を把握して、適切に使用しないと問題があります。
   ダイエットを始めようとする前に、その必要があるのか考えてみましょう。
   肥満度の判定には、BMIという体格指数が一般的に使われています。生活習慣病にかかることが少なく、健康を維持するために最も良いBMIの値は22とされています。

   まず計算してみてください。

 

   BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)
   BMIの値が18.5以上 25未満であれば正常範囲ですから、ダイエットの必要はありません。

 

   急速に減量しなければならない場合は、医師の管理のもとで実施しなければなりません。

   そうでない場合は、まず生活習慣を見直すことから始めましょう。
   三食規則正しく食べ、甘いものやアルコールの摂り過ぎを是正し、夜遅くに食べないことや、夜のエネルギー量はやや少なめにするなど、自分にできることから始めましょう。
   食事だけでは成功しません。運動によって消費エネルギーを増加させ、肥満になりにくい代謝状態に変えていくことも必要です。

 

「意外と知られていない豆知識」
   体脂肪を1kg減らすためには、何も食べずに何日かかる?
   肥満の原因である体脂肪は1kgで約8,000kcalを蓄えています。健康な成人のエネルギー消費量は、1日約2,000kcalですから、体脂肪を1kg減らすためには、全く食べないで4日間必要です。
   自分の理想体重と、1日に必要とするエネルギー摂取量は?
   まず、自分の理想体重を計算してください。
   自分の身長に相当する理想体重は次の式で計算できます。

 

   理想体重=身長(m)×身長(m)×22
   普通に生活している成人は、この理想体重(kg)に30~35kcalをかけた値が1日に摂取するエネルギー量の目安となりますので、肥満の方はこのエネルギー摂取量を守ると体重が低下します。


   例)身長155cmの女性の場合
   1.55×1.55×22=52.9(理想体重)
   52.9×33=1,746kcal(1日に必要とするエネルギー摂取量)

お問い合わせ

県民くらし安全局安全衛生課
電話:088-621-2110