Q 健康食品を長期間、飲んだり、食べたりすると副作用的な心配はあるのですか

2015年7月1日

HP_Q.jpg
  健康食品を長期間、飲んだり、食べたりすると副作用的な心配はあるのですか。
   ・健康食品を食していて体調が悪くなったように感じられ、安心して食せるよう具体的な情報が欲しい。

 
 sudachi_A.jpg 
  「健康食品」には、過剰摂取による健康被害の恐れがあるものや、医薬品などとの相互作用や特定の疾患がある人への注意が必要なものなどがあります。

 

   錠剤やカプセル剤などは、多量の栄養素などが含まれていることがあります。ビタミンやミネラルも多量に摂取すると過剰症の恐れがあるものもあります。
   1日に摂っても良い量と、使っているサプリメントなどに含まれている栄養成分の量を十分確認してください。また、飲んでいる薬や治療をしている病気がある方は、健康食品の使用に当たっては、必ず主治医にご相談ください。健康な方にとっては、安全な「健康食品」であっても、高血圧症など特定の疾患を抱えている方、医薬品を服用している方にとっては、使用してはならない場合もあります。

 

健康食品を購入される方へ

 【購入時の注意事項】
  ・海外で健康食品(サプリメントを含む)として販売されているものであっても、日本では医薬品となるものがあります。
  ・健康食品を購入する際は、バランスの良い食生活が基本であることを認識し、ご自身の健康状態、栄養状態を把握したうえで、必要なものを選択してください。
    なお、国が安全性・有効性を評価し許可した食品として「特定保健用食品」がありますので、目的に合わせて利用してください。
  ・健康食品を購入する際は、「短期間に効果が現れる」、「病気が治る」などの虚偽誇大な表現をしたものには注意してください。

 

【使用時の注意事項】
  ・錠剤やカプセル剤などは、過剰に摂取することがないよう摂取目安量を守ってください。
  ・医薬品と併用する場合や複数の健康食品を同時に摂取する場合は、思わぬ健康被害を引き起こすことがありますので、医師、薬剤師等に相談してください。
  ・健康食品を摂取して、健康状態を害したと思われる場合は、早期にお近くの医療機関や保健所に相談してください。

お問い合わせ

県民くらし安全局安全衛生課
電話:088-621-2110