Q 残留農薬についてどの程度検査を実施していますか

2015年7月1日

HP_Q.jpg
  残留農薬についてどの程度の検査を実施していますか。

   ・農家では、自分の家で食べる野菜と市場に出す野菜を区別していると聞いたことがある。

   ・自分の家で食べる野菜はほとんど農薬を使わない別管理をしていると聞いたことがある。


 sudachi_A.jpg
  平成18年度には、地方公共団体や国の検疫所などで約345万件の実施されています。この調査は、毎年実施されています。
      
   平成18年度に地方公共団体や国の検疫所などで実施された農産物の残留農薬の調査結果が厚生労働省から報告されています。検査件数3,455,719件のうち農薬が検出されたものは9,804件(内 国産品2,314件、輸入品7,490件)で全体の0.28%、その中で残留基準値を超えたものは417件(内 国産品21件、輸入品396件)の0.012%、でした。なお、残留農薬基準が設定された農作物については、基準値を超えるものは廃棄や回収等が行われます。

 

<参考>厚生労働省:平成24年10月29日 食品中の残留農薬検査結果の公表について(平成17~18年度)
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syoku-anzen/zanryu2/121029-1.html

 

   また、生産者自ら農薬の分析をできる開放型農薬残留分析施設(オープンラボ)では、平成26年度368点の農産物について自主検査を行っています。

お問い合わせ

県民くらし安全局安全衛生課
電話:088-621-2110