実践型防災訓練「避難シュミレーションゲーム」実施マニュアルを作成しました!

2013年5月8日

 

 

syumimasyunaru.jpg

  徳島県では、NPO法人ホワイトベースとくしまと連携し、「自分の命は自分で守る」をテーマとして、実践型避難訓練「避難シュミレーションゲーム」(※)を地域コミュニティや学校単位でH23~H24年度にかけ実施しました。

 (徳島県新しい公共の場づくりのためのモデル事業・H23、24採択事業「自分の命は自分で守る」実践による地域防災力強化推進モデル事業」)

 

 この度、訓練の成果をもとに、訓練の目的や実施方法、ポイントなどをまとめた「避難シュミレーションゲーム・実施マニュアル」を作成しました。

 

 各地域での防災活動や訓練等を行う際のツールの一つとしてご活用ください。

  (県立防災センターで配布しています)

 

※避難シュミレーションゲーム

 2011年からNPO法人ホワイトベースとくしまが主となり、県内で実施している体験型の避難訓練です。実際の避難経路に障害物を置き、けがをしたという想定で5人程度のグループで避難するもの。 「自分の命は自分で守る」ことと、助け合いを同時に学べる訓練です。

 

 

【ダウンロードはこちらから↓】

 ★☆避難シュミレーションゲーム実施マニュアル(287KB)★☆

 

 

 

 【シュミレーションゲームの実施動画】

 

お問い合わせ

防災人材育成センター
啓発・人材育成担当
電話:088-683-2100
ファクシミリ:088-683-2002