ブルセラ症の検査状況

2013年3月25日

1 病原体の伝播様式

  感染動物の乳や乳製品の喫食、感染動物(ウシ、ヒツジ、ヤギ、ブタ、ラクダ、 スイギュウ、野生反芻獣、

  およびまれにはアザラシ)やその死体、および流産組織などとの接触に よって感染。

  酪農・農業従事者、獣医師、屠畜場従事者では職業的な感染のリスクが高く、 実験室内感染もある。

  

2 調査目的

  犬のBrucella canisの感染状況を明らかにする

 

3 調査期間

  平成17年9月~平成23年2月

 

4 調査動物及び調査数

  県内で収容された、飼い犬133頭、野犬310頭、繁殖用犬41頭 計484頭の血清

 

5 調査結果

  陽性 12件(2.5%)

 

6 詳細内容

  ブルセラ症(127KBytes)

 

7 県内での患者発生状況

   徳島県感染症情報センター

 

8 感染症詳細情報

  外部リンク

   国立感染症研究所

お問い合わせ

県民くらし安全局安全衛生課
電話: 088-621-2264