漬物製造業者等に対する調査指導結果について

2012年11月9日

浅漬けを原因とした腸管出血性大腸菌O157による食中毒発生を受けて,漬物製造業者等に対し,8月から10月末までの間,県下6保健所が調査・指導を実施しました。その調査結果については,次のとおりです。
 今後も継続して,改正された漬物の衛生規範に基づき、食中毒発生防止のため,監視指導を行ってまいります。

1 漬物製造業者等に対する調査結果(H24.10.31現在)

(1)厚生労働省通知(H24.8.29)に基づく浅漬け製造施設 31施設
(2)その他の漬物製造施設 24施設
(3)産直市等の漬物販売施設 17施設
 計67施設

2 主な指導内容

(1)厚生労働省通知(H24.8.29)に基づく浅漬け製造施設の結果(厚生労働省へ最終報告)
  別紙のとおり

(2)その他の漬物製造施設
野菜等の原材料や器具・容器の洗浄消毒の徹底
・衛生管理状況や従業員教育の結果等各種記録の実施
・自主検査の実施

(3)産直市等の漬物販売施設
・出品者に対する啓発パンフレット配付及び情報提供依頼

・販売時の温度管理について注意喚起

 

(4)その他漬物の衛生規範に関する指導

・小規模漬物製造業者等に対する衛生講習会の開催及び衛生規範改正の周知

 

【添付資料】

 

 

別添.pdf(55.8KBytes)

 

 

 

<参考>

厚生労働省ホームページ 

 

 

 

 

 

 

関連ワード

お問い合わせ

県民くらし安全局安全衛生課
広域監視・食品乳肉担当
電話:088-621-2229