住宅用火災警報器Q&A その3 ~どこに取り付ければいいの?~

2009年3月6日

住宅用火災警報器の設置や維持に関する基準は、それぞれの市町村条例で定められています。

原則として、寝室と寝室がある階の階段に設置しなければなりません。(建物の階数や構造により異なっていますので、下記の参考サイトで御確認ください。)

また、東京や横浜などの大都市を中心に、台所にも設置義務が課せられている地域もあります。

 

【参考サイト】

お問い合わせ

消防保安課
消防担当
電話:088-621-2284
ファクシミリ:088-621-2849