土成中学校少年少女消防隊表敬訪問

2009年7月7日

200_2009_124703632545.JPG

 ヨーロッパ青少年消防オリンピック大会に出場する土成中学校少年少女消防隊の隊員、指導者らが、大会での健闘を誓い、飯泉知事をはじめ、福家教育長、西沢県議会議長を表敬訪問しました。

 飯泉知事は、選手一人一人の意気込みに耳を傾け、「徳島の代表として、また日本の代表として、日頃の練習の成果を十分に発揮し、存分に活躍されることを心より期待しております」と激励しました。

 また、西沢県議会議長は、「日本の代表として活躍されるとともに、各国の参加者との交流会では、徳島の伝統芸能である阿波踊りを披露するなど、徳島の文化を世界に発信してください」とエールを送られました。


○土成中学校少年少女消防隊の紹介

 生徒の防火意識を高め、号令やきびきびした行動によって機敏な集団行動を可能にし、将来、防火防災に役立つ人材を育成することを目的としています。

 近年は、発災時における迅速・的確な初期活動と、相互の連携体制を強めるとともに、市民防災意識の高揚及び地域防災力の向上を図るため、阿波市、防災関係機関、市民等の協働により、実災害における対応について総合的な訓練を実施しています。

 

【添付資料】

大会に参加する日本の少年消防クラブ(151KBytes)

 

【参考サイト】

お問い合わせ

消防保安課
消防担当
電話:088-621-2284
ファクシミリ:088-621-2849