新型インフルエンザワクチン接種について

2010年5月21日

新型インフルエンザワクチンは、現在、希望する全ての方が接種可能となっています。今回の新型インフルエンザにおいても、今後、再流行が起こる可能性がありますので、新型インフルエンザワクチンを接種することにより、今後起こりうる再流行に備えることができます。

 

  • 新型インフルエンザワクチンには、どのような効果が期待できますか?

    季節性のインフルエンザワクチン同様に、新型インフルエンザの発症を抑える効果が一定程度認められます。

    新型インフルエンザワクチンを打てば、新型インフルエンザに絶対かからない、というものではありませんが、たとえかかっても病気が重くなることを防いでくれます。

     

  • 新型インフルエンザワクチンの効果はどのくらい持続しますか?

    国産の新型インフルエンザワクチンの持続期間は、季節性と同様と考えられています。ワクチンの予防効果が期待できるのは、接種した(小児の場合は2回接種した)2週間後から5ヶ月程度と考えられます。

    なお、輸入ワクチンの持続効果は、現在、製造販売会社が試験を継続しています。

 

(新型インフルエンザワクチンQ&A(厚生労働省)抜粋)

 

※実施医療機関等の一覧を掲載します。

一覧表は、PDF形式で添付しています。必要に応じてダウンロードするなどしてご確認ください。

医療機関によっては、既に受診されている患者の方だけを対象にしている場合もあります。一覧表の右端にある「接種範囲」の欄で、「入院・通院中の患者のみ」の欄に○があるのは、その医療機関を受診している入院・通院中の患者の方だけを接種(予約)の対象にしている、という意味です。一方、「すべての対象者」の欄に○がある医療機関は、これまで受診したことがない患者の方でも接種(予約)の対象としています。

 

※新型インフルエンザワクチン接種を受けるにあたっての留意事項

新型インフルエンザワクチン接種を受けようとする場合は、各医療機関に予約が必要となります。接種を受けようとする医療機関で予約を行ってください。

 

【添付資料】

すべての患者を対象とする医療機関(東部地域のうち徳島市)(78.2KBytes)

すべての患者を対象とする医療機関(東部地域のうち徳島市以外)(79.4KBytes)

すべての患者を対象とする医療機関(南部地域)(58.9KBytes)

すべての患者を対象とする医療機関(西部地域)(42.5KBytes)

かかりつけ患者のみ対象とする医療機関(全県)(104KBytes)

 

【参考サイト】

新型インフルエンザワクチンQ&A(厚生労働省)(平成22年2月8日)

お問い合わせ

健康増進課
電話:088-621-2228
ファクシミリ:088-621-2841